注意のシール

Source:

1、下地

表面がきれいな、しっかりした、乾燥、オイルフリー、グリースや汚れをする必要がありますこのような asrelease エージェントは、養生膜および hydrophobicagent。徹底的にきれいにすべての緩い粒子 anddust

2、基本

使用プライマー コンクリートの多孔性表面 3 です。

非吸収性の表面は別途ご相談ください。

3、建設

最低気温は摂氏 5 度です。使用の原動、小包装は、10-20 ℃temperature に格納します。接着剤として使用するに適用されるドット orbead は要しないボンド コンポーネント群衆または表面に表面を準備です。接着剤層厚さは、surfacetexture (1-5 mm) に依存します。シールが完了すると、20% 洗剤水溶液、jointsurfaces を一掃します。シーリング材が硬化前に、両側ときに、きれいな縫い目と useprotective テープを保つためには removeprotection テープをする必要があります。Sealingsurface は、ウェットの環境で保管する必要があります。

4、共同設計

周囲温度に肉声に目地幅は以下のように変更します。

以上の 0 ℃、シールの縫い目を意味 ± の幅 12.5%

以上の 0 ℃、シールの縫い目を意味 ± 5% ボリュームの幅

5、一般的な使用します。

ポリウレタン シール剤、successfullysealing 接合部に接着剤の共同設計懸念以下。

目地幅 12 mm、幅と深さの比が 1:1

目地幅 12 mm、深さ比 2:1 の幅

適切な縦横比を確保するために提供固体シール接着剤の支持及び防止底部縫い目、ポリウレタン シール剤で接着シール接着剤必要があります sealfixed は腐敗しない、繊維板 withinsulation テープまたは開いている使用を混合または閉じた cellpolyethylene 多孔質ポリウレタン バッキングなどの absorbentbacking 材料でいっぱい。オイル含浸モルタル下地材は利用をできません。

6、伸縮継手は、従って規則に設計されなければなりません。

関節一般に次の規則があります。

幅 12 mm

幅: 暗い = 1:1 または W = D

12-40 mm 幅

幅: 暗い 1:0.5 または W = 2 D =

深い少なくとも 8 mm を縫い、コンクリートと石積みの縫い目上に移動します。

注: 1、角は通常不足のためコンクリート共同の ofvibration は比較的弱い、したがって、ベベルに対処するべきか

2、継ぎ目の終わりは、短期共同 usemay ダメージ前後のシール剤を制限しなければなりません。

3、縫い目シール接合部深さ適切なバッキング材布に養子となる必要があります。

4、コーナーも適切なバックアップまたはバックアップ、orjoint 腫れシール接着剤に損傷を与える可能性があります。


引き合い
Your comments are welcome!
For more information about our brand and products, please feel free to contact us!
Please enter your email address:
お問い合わせ
Address: 第 3258 Shenzhuan 道路、松江地区は、上海
Tel: +86-21-57855149
Fax: 86-21-57855398
E-mail: export@kejian-china.com
著作権 © Kejian 高分子材料 (上海) 株式会社、株式会社すべての権利予約。